フラディア返金キャンペーン ラクーナ全国先行予約会

プレママライフを一緒に楽しもう!プレママスクエア

赤ちゃんの妊娠から出産まで

妊娠から出産まで

妊娠から出産まで

妊娠初期(妊娠1ヶ月、2ヶ月、3ヶ月)の兆候・症状について

妊娠がわかるのは、だいたい妊娠2ヶ月目頃。早い人ではこの時期から、胸がムカムカする、体がだるいなどのつわりの症状が始まります。つわりだけでなく、妊娠初期は流産しやすい時期でもありますので、無理はせず、自分のペースで安静に過ごしましょう。

妊娠初期のつわりの症状と対処法

胸がムカムカする、体がだるいなどの症状が始まり、食欲がわかないこともあります。食欲がわかないときは、無理をせず、とりあえず食べたいものを食べたいだけ口にしましょう。つわりでも、吐きづわり、食べづわりなど、始まる時期、程度、症状もさまざま。食べたいものを食べる、また、ムリをして食べなくても、赤ちゃんはしっかりと成長をしていきます。

つわりは病気ではありません。仕事や好きな趣味に集中するなど、前向きに生活を楽しむ工夫をすれば、軽く感じられるものです。マイナスに考えすぎず、楽しく生活することが一番の対処法なのです。

妊娠初期のつわり時の食事

妊娠初期のつわりで、食欲がわかないことも多いもの。そんなときは無理をせず、食べられるもの、食べたいものだけを食べて構いません。

食欲がないときは食べやすいもの、例えばひと口大にしたおにぎりや冷やした茶碗蒸しがおすすめ。ジュースやあめ、ゼリーで糖分を摂取し、エネルギーを補給するのもいいでしょう。夏の暑い時期につわりの症状と夏バテが重なってしまったときは、水分をたっぷりとり、代謝を活発にしてください。また、お昼寝で睡眠不足を補い、体力の消耗を防ぎましょう。

妊娠初期の過ごし方・注意点

妊娠初期は流産しやすい時期です。帰省や旅行は安定期に入る妊娠中期までのばし、大荷物になる買い物などはご主人や周りの人にお願いしましょう。激しく動くことは控えて、安静に生活することが大切です。

風邪や食中毒にも注意し、人ごみを避ける、うがい手洗いをする、梅雨は食べ物が腐っていないか気をつけるなどにも心がけてください。お酒などのアルコール類に関しては、赤ちゃんへの影響を考えて、妊娠中はがまんしてください。

~みんな妊娠時には、同じ経験をしていたのかも~ 先輩ママに聞いてみた。妊娠中に感じた疑問や悩みってどうだった?

プレママがあつまるコミュニティ「プレママスクエア」!リニューアルキャンペーン実施中!今ならアップリカ製品が当たる!

Baby 1st Class®

独自の医学構造から生まれたアップリカの製品は、ぜんぶ、「Baby 1st Class®」

アップリカの製品すべてに、「赤ちゃん医学」「育児工学」から導き出された製品づくりの基となる医学構造を採用しています。赤ちゃんはもちろん、ママもパパも毎日を笑顔で過ごせる「Baby 1st class®」(ベビーファーストクラス)の使いごこちで、 赤ちゃんのすこやかな成長を応援します。

アップリカのベビー用品

赤ちゃんの8つの「守ってあげたいからだの未熟性」と3つの「育んであげたい心の発達」から8つの「からだと心を守り育む医学構造」を導きだしました。

アップリカは、赤ちゃんの心とからだ(身体)を「赤ちゃん医学」と「育児工学」を通して研究しています。

私たちは、未熟な赤ちゃんを守る製品の安全性・品質向上のために、赤ちゃんの理想的な環境の追従を続けています。