360°セーフティーシリーズ この笑顔を守るために、アップリカがたどり着いた最上級の安全。

チャイルドシートは
どれも同じだと
思っていませんか?

動画を見る

アップリカがたどり着いた、
"最上級の安全"

それは、最新の安全性能と
アップリカが考える快適性を両立させること。
創業以来、「赤ちゃん医学」と「育児工学」の
研究に基づき、
常に赤ちゃんのことを
第一に考えた製品づくりを目指してきた、
アップリカの答えです。

最新の安全基準 赤ちゃんを育む環境

新安全規則「R129※2」適合

自動車内では前後からだけでなく、側面(ドア側)からの衝撃も直接受けやすくなります。
「R129※2」では、側面の衝撃からも赤ちゃんの安全性を確認する側面衝突試験を追加。
アップリカのチャイルドシートは、いち早くこの「R129※2」に適合しました。

  • ※1 UN規則No.129に適合した、「平ら」なベッド型チャイルドシート。日本国内で発売されている回転式ベッド型チャイルドシートにおいて。2018年10月現在。当社調べ。/UN規則No.129適合チャイルドシート「クルリラR129」の実績による(2016年5月)。日本国内で販売されている新生児から使える回転式イス型チャイルドシートにおいて。「クルリラ プラス 360°セーフティー」は「クルリラR129」の後継品です。
  • ※2UN規則No.129(改良型幼児拘束装置)
  • *画像はイメージです。

2つの機能を新たに装備

ドア側の衝撃からの
守りを強化
サイドシールド

両サイドに装備された頑丈なプロテクターで、
ドア側からの強い衝撃から赤ちゃんをより安全
に守ることができます。
※前向き/後ろ向きシート時に有効です。

未熟なからだを
頭から足先まで守る
全身マモールクッション

頭部を包みこむヘルメットのようなクッション、からだの側部を守るサイドクッション、さらに足まで包み込むことで、赤ちゃんの未熟なからだを徹底的に守る事にこだわっています。

最新の安全性能に加え、
赤ちゃんに必要な快適性を備えた、
選べる2タイプ

万一の事故から、大切な赤ちゃんの命を守るために、
アップリカが理想とする"最上級の安全"をこれからも追求し続けます。

ページトップへ戻る