自然な姿勢で疲れにくい、新しいイス型

※ インジケーター付で前向き・後ろ向き共に7段階リクライニングできる回転式ISOFIXチャイルドシート
2016年5月現在。 アップリカ調べ

最も厳しい※2新安全基準UN-R129に合格した
回転式チャイルドシート

赤ちゃんにより安全な環境をお届けするために、 アップリカは、いち早く新安全基準UN-R129に適合したチャイルドシートの開発に取り組んできました。 クルリラR129は、日本で初めて※1、新生児から使える回転式モデルで新安全基準UN-R129に合格し、適合している商品です。 赤ちゃんの快適性だけでなく、最先端の安全性を追求しています。

※1 国内で販売されている新生児から使える回転式チャイルドシートにおいて2016年5月現在 アップリカ調べ
※2 国内で販売が認められたUN安全規則において 2016年5月現在 アップリカ調べ

UN-R129は、ここが違う!
(UN-R44との比較 2016年5月現在)

  • 前突・後突だけでなく、側面衝突試験を導入し安全性を確認しています。
  • ミスユースを防ぐために、取り付け方法がよりシンプルなISOFIXの使用を推奨しています。
  • 前突時のからだの負担を軽減するために、15カ月までは後ろ向き着用を義務付けています。
  • 正しいチャイルドシートをわかりやすく選べるように、使用期間の表記が「体重」から「身長」に変更されます。
  • 新ダミーが採用され、規定上最小サイズのダミーの頭部、胸部にかかる負荷や側突時の負荷も評価されます。

クルリラR129は、車の取扱説明書に「i-Size適合」の記載がある座席でのみ使用できます。

さわやかフィットで快適ドライブ

赤ちゃんへの負担が少なく、ムレにくい

「三次元スプリング構造体 ブレスエアー®」を使用したシートは、優れた体圧分散機能を発揮し、包み込むように赤ちゃんをサポート。 また、通気性があり、ムレにくいから汗っかきの赤ちゃんも快適。クルリラは、赤ちゃんがチャイルドシートでより快適に・疲れないよう、姿勢や素材にこだわり誕生しました。

「三次元スプリング構造体 ブレスエアー®」を使用したシートの場合、からだにかかる圧力の集中が少なく、分散されていることがわかります。

※こちらはイメージ図であり、本製品の使用感を表すものではありません。

ミスユースを防ぎ、確実取り付け
安全のための最新固定方式
「ISOFIX」採用

回転式チャイルドシートで
「取り付け方法2通り」はクルリラだけ※1

※ クルリラABのみシートベルトでも取り付けできます。

あなたの車はどちらのタイプ?
ISOFIXってなに?

ISOFIX とは、シートベルトを使わない、車に装備されているISOFIXバーに、チャイルドシートコネクターの一部を差し込むだけの新しい取付方法。取り付けミスをなくすために、2012 年 7 月 以降に販売されるすべての新車には ISOFIXバー設置が義務づけられています。

※1 2015年3月現在 アップリカ調べ
※2 クルリラABはUN-R129/00の側突試験に合格していますが、UN-R129/00適合品ではありません。
※3 2016年5月現在。国内販売品において。アップリカ調べ

機能をムービーでチェック

赤ちゃんもママも快適に

ゴキゲンな姿勢を細かく選べる

「おやすみモード」や「くつろぎモード」など、わかりやすいモード付レバーだから、サッとゴキゲンな姿勢をカンタンに調節できます。

成長に合わせて守る

面倒なベルト調節も、レバーひとつで適切な位置にしっかりフィットする「フィットアジャスター」採用。7段階まで細かく調節できるのでより安全に使い続けることができます。

ママもラクラク操作

駐車場などの狭い場所でも、片手でクルっと。レバーは使いやすい位置にあり、ストレスなく回転できます。

自然な姿勢で首やおなかを守る

成長にあわせて2ステップで、4歳頃まで自然な姿勢で長く使えます

新生児期から1歳半頃までは後ろ向きのイス型で(体重2.5kgから13kg未満)
1歳頃から4歳頃まで前向きイス型でしっかり支える(体重9kgから18kgまで)
チャイルドシートで重要なのは呼吸を妨げない配慮です。

赤ちゃんには呼吸がラクにできる姿勢があります。からだが小さいので気道が細く、おなかを使った呼吸です。ちょっとした首の曲がり具合が呼吸に影響しやすいのですが、赤ちゃんは苦しくても自分で姿勢を変えることができません。車に乗せる時は、運転により色々な方向から赤ちゃんに力が加わるため最初の固定の姿勢と変わってしまうことがあります。 呼吸が楽な姿勢を無理なく保持できることがチャイルドシートには大切です。

日本大学医学部総合周産期母子医療センター室長 細野 茂春 先生

成長に合わせて自然な姿勢を保ち、
しかも洗えて清潔
「マモールシートクッション」

ボリュームのあるクッションで自然で安定した姿勢を保ち、赤ちゃんをやさしくサポートします。
ヒップインナーシートは手洗い可能なのでいつでも清潔に使えます。

「自然な姿勢で疲れにくい」が
さらに快適をプラス

クルリラ AB
point 1
自然な姿勢で

ゆったりリラックス

※ 設置する車のシート形状や赤ちゃんの着座状態で異なる場合があります。

point 2
急ブレーキなどの衝撃からも

しっかりガード

※2.75kgの重りを高さ50mmから厚さ40mmの衝撃吸収材(素材のみ)に落下させた場合。当社従来素材との比較(アップリカ調べ)。

point 3
ムレにくいシートで

心地よさ長持ち

※ 三次元スプリング構造体「ブレスエアー®」は東洋紡株式会社の登録商標です。
※ 写真はイメージです。

point 4
クルリラABを

動画でチェック

※ クルリラABのみISOFIXとシートべルト両方で取り付けできます。

赤ちゃんに
一歩進んだ安全性を

クルリラ R129
point 1
UN-R129はここが違う!

側面衝突にも対応

前突・後突だけでなく、側面衝突試験を導入し安全性を確認しています。

point 2
自社で繰り返す

衝撃実験と安全性の追求

アップリカ中央研究所内に完備された衝撃試験場で、チャイルドシートの実験と解析を繰り返し、高い安全性を追及しています。

point 3
季節に合せて使える

2種類のシートカバー

通気性のあるメッシュ使用のシートカバーに、起毛素材を採用した予備シートカバーが1セットついていますので、夏用と冬用で、季節に合わせてシートを使い分けることができます。 メッシュ使用のシートカバーは、簡単に取り外して手洗いも可能です。

赤ちゃんの声に
耳をかたむけます。

赤ちゃんは、とても正直。
赤ちゃんの心とからだを正しく知らなければ、

その笑顔は生み出せないからです。

  • アップリカについて
  • 赤ちゃんとママ、パパの笑顔のために
  • 赤ちゃんの声を聞くために
  • 赤ちゃんの笑顔のためのものづくり基準
  • 妥協なき安全性への取り組み
  • 会社概要・沿革
ページトップへ戻る