赤ちゃんもママも

軽やかにお出かけ!

お出かけも多くなる7カ月頃からは

軽くてコンパクトなB型ベビーカーがおすすめ。


もちろん軽さだけでなく、ハイシートや押しやすさも

兼ね備えたマジカルエアーシリーズなら、

赤ちゃんもママも軽やかなお出かけが実現します。

超軽量

持ち運びも片手開閉もかるがる

超軽量なので持ち運びもラクラク、軽やかなお出かけが実現します。

荷物を持っていても、片手でワンタッチ開閉でき、簡単に折りたためるので、お出かけの場所を選びません。

  • ※ マジカルエアー プラス AD 3.5kg
    マジカルエアー AE 3.2kg

超軽量

たたんでもスリムで便利収納

小さくたためて自立するので玄関先にも置きやすく、車のトランクにもラクラク収納。

超軽量

50cmの高さで赤ちゃんを
熱ホコリから遠ざけ
ママは乗せおろしが便利

アスファルトなどの照り返しにより、地面に近いほど温度(気温)は高くなります。座面を高くすることで、地熱や舞い上がるホコリ・有害物質から遠ざけてあげることができます。赤ちゃんの乗せおろしもしやすく便利です。

赤ちゃんとママの
楽しいお出かけをサポート

ビッグキャノピー

ビッグキャノピー

大きな幌で日差しをよけてくれて、さらに紫外線97%カット。

メッシュウィンドー

メッシュウィンドー

ベビーカーの中の様子が見える、メッシュウィンドー。

丸洗いできる簡単脱着シート

丸洗いできる簡単脱着シート

汗や食べこぼしもすっきり。

  • ※ 液温は30℃を限度とし、弱い手洗いで洗ってください。
  • ※ 乾燥機のご使用はお控えください。日陰干し推奨。
  • ※ 本体シートの取り外しは、取扱説明書をご参照ください。

ビッグバスケット

ビッグバスケット

荷物がたっぷり入り、出し入れしやすいカゴ25ℓ(座面下空間容積/容量20ℓ/積載重量5kg)。

ひろびろシート

ひろびろシート

赤ちゃんの成長を考え、広々したシートを装備。のびのびできる、快適な乗り心地を実現。

安心フロントガード

安心フロントガード

成長して活発に動く赤ちゃんを安心サポート。フロントガードは片手ワンタッチで装着できます。

ダブルタイヤ

ダブルタイヤ

ママには楽にターンできて押しやすさGood。赤ちゃんには、安定感があるので乗りごこちGood。

ゆれぐらガード

ゆれぐらガード

赤ちゃんがうけるデコボコ道での振動を軽減。ママはベビーカーが押しやすく、ちょっとした段差でも力がかけやすく安心(背面時において。当社調べ)

ゆれぐらガードスペシャルページへ

+

さらにマジカルエアー プラス ADには
2つの機能がプラス

ワイドタイヤ

ワイドタイヤ

マジカルエアーに比べ、タイヤの幅が広いのでより安定走行ができます。

汗っかきの赤ちゃんにも快適

汗っかきの赤ちゃんにも快適

ベースシートの背中部分とさらに丸洗いできる簡単脱着シートに通気性のあるメッシュ素材を採用。

B型ベビーカー
人気ランキング第1位!

※ 妊娠・出産・育児サイト「ベビカム」で調査(2017年6月28日-7月4日実施)

口コミ1
軽くて畳みやすくて、自立するところが気に入ってます。荷物を入れるカゴも付いているので、大変満足しています。(30歳女性、お子さん10ヶ月、マジカルエアープラスAC)
口コミ2
軽量で小回りがきくので使いやすい。子どもも2歳だが、一応持って出掛けるということがしやすい。電車内でもかさばらない。(30歳女性、妊娠10ヶ月、お子さん2歳、マジカルエアー AD)
口コミ3
軽くて持ち運びやすい。(29歳女性、お子さん2歳、マジカルエアープラスAC)

マジカルエアー シリーズ

  • ブルーティピー BL

    ブルーティピー BL

  • リコリスストライプ BK

    リコリスストライプ BK

  • レモンハート YE

    レモンハート YE

  • ノルディックアップル RD

    ノルディックアップル RD

マジカルエアー プラス AD

27,500円(税込 29,700円)

  • ロリポップレッド RD

    ロリポップレッド RD

  • バルーンブルー BL

    バルーンブルー BL

  • スカイグレー GR

    スカイグレー GR

マジカルエアー AE

23,000円(税込 24,840円)

赤ちゃんの声に
耳をかたむけます。

赤ちゃんは、とても正直。
赤ちゃんの心とからだを正しく知らなければ、

その笑顔は生み出せないからです。

  • アップリカについて
  • 赤ちゃんとママ、パパの笑顔のために
  • 赤ちゃんの声を聞くために
  • 赤ちゃんの笑顔のためのものづくり基準
  • 妥協なき安全性への取り組み
  • 会社概要・沿革
ページトップへ戻る