妥協なき安全性への
取り組み

TOPページ > アップリカについて > 妥協なき安全性への取り組み

妥協なき品質向上のために

アップリカ独自の品質基準と、
実証試験をもとにした、

安全性の追求。

私たちは、未熟な赤ちゃんを守る製品の安全性・品質向上のために、より新生児に近い2.5kgのセンサー付き新生児ダミーを独自に開発し、自社施設でのチャイルドシート衝撃実験を繰り返し行ってきました。そして、独自の厳しい品質基準を設けるなど、赤ちゃんの理想的な環境を追求し続けています。

安全追求

The pursuit of
safety

センサー付新生児ダミー開発

チャイルドシートにおいて、国の基準では新生児を乗せた車の衝突を想定した試験は、3.4kgダミーで行われています。首もグラグラで頭が重く、からだのあらゆる機能が未熟な新生児にとって、本当に安全で安心なチャイルドシートを届けるため、アップリカは、それまで存在しなかった関節が動き、データ計測ができる2.5kg新生児ダミーを開発。さらに3.4kgのセンサー付新生児ダミーも開発。国の試験で使用されるダミーに加え、新生児の特性により近いこのダミーを使って自社で試験を行い、製品開発につなげてきました。 現在は、次世代の安全規則で採用されている、より詳細なデータが計測できる最新のダミーをいち早く導入し、製品開発に役立てています。

チャイルドシート衝撃実験

自社で繰り返す衝撃実験と安全性の追求

アップリカ中央研究所内に完備された衝撃試験場で、チャイルドシートの開発とともに実験を繰り返し、安全性を追求しています。 未熟な赤ちゃんを守るために開発した独自の構造"平らなベッド型"チャイルドシートも、長年の研究開発と検証によって生まれたもの。イス状態だけでなく、ベッド状態で安全基準をクリアするのは難しいとされている中、アップリカはその課題に挑み、国内外の厳しい基準をクリアしました。

ベビーカー耐振動衝撃試験

独自の厳しい品質基準

ベビーカーにおいては電車の戸挟み対策など国内の安全基準はもちろん、ヨーロッパ基準(EN1888)からもテスト項目を取り入れた独自の厳しい品質基準を設け、安心してお使い いただける製品づくりに努めています。

赤ちゃんの声に
耳をかたむけます。

赤ちゃんは、とても正直。
赤ちゃんの心とからだを正しく知らなければ、

その笑顔は生み出せないからです。

  • アップリカについて
  • 赤ちゃんとママ、パパの笑顔のために
  • 赤ちゃんの声を聞くために
  • 赤ちゃんの笑顔のためのものづくり基準
  • 妥協なき安全性への取り組み
  • 会社概要・沿革
ページトップへ戻る